上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--Top↑


普通にいたい。


普通がいい。


何もなくていいから


普通にしていたい。






普通って1番難しくて、1番幸せなこと。


なんじゃないかな?






だからアタシは普通がいい。





スポンサーサイト


2016.03.29Top↑


と聞かれて




ぴぃです




と答えるのに躊躇し、言葉を飲み込んだ。


ダメだ…


アタシ、ちゃんとしよう。




好きな芸能人は?




って聞かれたら、迷わず


ぴぃです


って答えるけど




趣味…


までいかなくても、オトナとして


ちゃんと答えられるモノを。






ちゃんとしよう。







2016.03.22Top↑


5年前の今日、ちょーど今頃の時間


アタシは新しいパート先の面接に行く準備をしていた。



高校の卒業式を明日に控え、就職先からの連絡待ちで息子も家にいた。


他愛ない会話をし、テレビの韓流ドラマを見ていた。


そんな中、あの瞬間はきた。




家の中の色々な物が倒れ散らばり


玄関のドアを何とか開けて揺れがおさまるのを待とうと思ったけど


揺れはおさまるどころか激しさを増すばかりだった。


たまらず玄関を開けたまま階段を駆け下りて外へ。


駐輪場の自転車もバイクも全部倒れていた。


隣のマンションや向かいのマンションからタイルが剥がれ落ちて、ガシャーン ガシャーンと音がする。


電線は地面につきそうなぐらい揺れて、巨大な大縄跳びのようで…




小さな子供を抱いて裸足で道路に出てくる人。


座り込むお年寄り。


悲鳴と鳴き声。




何が起こっているのか一瞬わからない。


ただただ怖い。


膝が震えて立っていられない。


息子の腕をつかんで暫く座り込む。




揺れがおさまって、我に返って開けたままの玄関も家の中も気になり部屋に戻ってみたら…




大きな家具は倒れず済んだけど、細かいものがキッチンもリビングも散らばり放題。


1番ビックリしたのは、消し忘れたテレビがテレビ台ごと動いて あり得ない方向を向いていた。




何度も続く余震の中、部屋を片付け、いざという時の避難に向けて持ち出す荷物を息子と手分けしてカバンにつめ、テレビから流れる津波の映像を震えながら見ていた。




眠れない日々の始まりだった…








あの瞬間から5年。


アタシの生活はすっかり普通の日常だ。


だけど、地震・津波・原発…


あの日あの瞬間のまま時間が止まったままの場所も少なくない。




思うことは色々あるけれど、簡単に言葉にはできない。




どうか…どーか、1日も早い復旧・復興を。


と、ただただ祈るばかりです。




3.11 忘れない…








2016.3.11 PM 2:40






あの時間まであと6分…













2016.03.11Top↑


ぴぃぴぃ 言うのは


現実逃避のリア充。


コレはコレで大事。




でもね、現実を見据えたリア充。


コレを目指さないと。




自分、しっかりしなきゃね。











2016.03.07Top↑




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。